2020年9月1日は『防災の日』

【災害は突然】自宅・勤務先・学校周辺の避難先を調べる方法

台風や地震など災害が起こる時、常に自宅にいるとは限りません。

出先や勤務先、通勤・通学途中などに起こる場合もあるでしょう。

そんな時「どこに避難すればいいのか?」を知っておかないと逃げ遅れて最悪のケースになることもあります。

そこでこの記事では、自宅・勤務先・学校周辺の避難先を調べる方法をご紹介します!

 

避難所を確認できるアプリを入れておく

近年では防災意識が高まったこともあり、避難所が簡単に探せるアプリが多くあります。

スマホならいつも持っていますし、アプリも直感的に使えるので操作が簡単なものが多いです。

防災アプリはたくさんあって迷ってしまいますが、こちらでは塾長おすすめの3アプリをご紹介したいと思います!

アプリ其の一:Yahoo!JAPAN天気・災害 避難所マップ

災害の種類(地震・津波・洪水・土砂災害・内水氾濫・高潮・火災・火山噴火)に合わせた避難場所を検索することができます。

注目

Yahoo!防災速報

Yahoo!防災速報

Yahoo Japan Corp.無料posted withアプリーチ

 

アプリ其の二:全国避難所ガイド

全国の自治体が定めた災害時の避難所や避難場所を約13万件収録! 現在地周辺の避難所を検索&ルート案内機能があるので、出先での災害時でも簡単に避難先を探すことができます。

注目

防災情報 全国避難所ガイド

防災情報 全国避難所ガイド

1st Media Corporation無料posted withアプリーチ

 

アプリ其の三:ポケットシェルター

事前に地図をダウンロードすればオフライン状態でも避難場所へのナビゲーション機能を利用することができます。

歩行履歴には足あとが付くためどちらに向かって歩いているかがわかりやすく、避難所までの移動で迷いにくいです。

有料版(Puls+)もありますが無料版との違いはPCから現在地を確認できるかどうかだけなので、無料版で全く問題ありません。

注目

ポケットシェルター - 観光・防災オフラインナビ

ポケットシェルター – 観光・防災オフラインナビ

Pocketshelter Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

こちらで紹介したアプリは避難経路や避難所の場所を知りたい時に役に立つアプリなので、普段使うことがなくてもどれか一つは事前にインストールしておくことをおすすめします。

電柱や壁に設置してある避難所案内板を確認する

災害でアプリが使えない状況でなることもありえます。

そこで街中で見かける「避難所案内板」の存在を覚えておきましょう。

避難所案内板はその名の通り、避難までの案内を示している案内板になります。

こんなものや↓

こんなものが案内板↓

この写真のような感じで電柱や柵などに取り付けられているで、通勤・通学途中の移動の際に探してみて下さい。

平常時に案内板の存在を知っておくことで、アプリが使えない状況でも勤務先や学校近辺の避難所を把握することができます。

災害はいつ起こるかわかりません。

災害時に避難所を探す時は「避難所アプリ」と「避難所案内板」を活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です