2020年9月1日は『防災の日』

【基本・女性・子供】防災グッズリストをケース別にまとめてみました。

「防災グッズを準備しておかないと!」と思って通販で探していると、最終的にどれがいいのか分からなくなってきたっていう事ありませんか?

防災意識が高まるのは良い事ですが、関連グッズが増えすぎると逆に迷ってしまいますよね・・・。

そこでこの記事では、備えておきたい基本的な防災グッズから女性・子供に必要な防災グッズまでをリスト化してまとめてみました!

防災グッズで何を揃えればいいか分からなくなったら、この記事を参考にグッズを選んでみてください^^

揃えておきたい防災グッズ一覧

基本グッズ

品名 備考
持ち出し袋
(リュック)
防災グッズが入る大きさの袋またはリュック。大きすぎると重くなり避難行動に影響が出るので、持ちながら走れるぐらいの大きさが〇
飲料水 1人1日3リットルが目安ですが、重すぎると持てないので持てる範囲で準備しましょう。
アルファ米 調理が簡単で便利。味は数種類販売されているので3日分は備えておきたい。(飽き対策)
レトルト食品
(カレー・スープ等)
アルファ米に飽きた時の対策。できるだけ調理の簡単なものが望ましい。
お菓子 主食ばかりだとストレスが溜まるので、アメやチョコなどの甘いものを用意しておくと安心です。
サランラップ お皿に巻けば洗い不要。体に巻けば保温効果。ケガした箇所に巻けば包帯替わり。三つ編みすれば頑丈なロープにもなる。
紙皿・紙コップ 使い捨てできる食器。
携帯ラジオ 災害情報を入手するために必要です。
筆記用具 避難場所や伝言板に書く用
ヘルメット 避難時の落下物対策。
軍手 避難時・脱出時のケガ対策。
懐中電灯 災害発生後は電気が復旧するまでに時間がかかります。
ウエットティッシュ 何かと重宝するので必須!
簡易トイレ 災害発生時、常設されているトイレはかなり混みます。
常備薬 普段から飲んでいる薬があればストックしておきましょう。お薬手帳があればコピーを取っておくと便利です。
カイロ 体だけじゃなく、レトルト食品を温める時にも使えます。
ゴミ袋大 バケツ代わりに水を入れたり敷物として重宝します。穴を開ければ雨具としても使えます。
ライター 火があるのと無いのとでは大違いです。

以上の18点はできるだけ用意しておきたい防災グッズリストになります。

この他にスマホの充電器(モバイルバッテリー)や毛布など、必要なものがあれば追加していきます。

※簡単に防災グッズを揃えたい方におすすめ↓

 

女性用グッズ

品名 備考
生理用品 通常の使用方法の他にガーゼとしても使うことができる。
下着 ストレス軽減につながります。
化粧品 ストレス軽減につながります。

女性の場合、基本グッズの他に生理用品・下着・化粧品の3つをまずは追加しておきましょう。

他にも普段の日常で無いと困る物があればリュックに入れておきます。(ストレス軽減につながるため)

 

子供用グッズ

品名 備考
紙おむつ 避難所に備蓄されていないことが多いため。
粉ミルク 避難所に備蓄されていないことが多いため。
タオルケット 防寒対策です。

子供が小さい、または赤ちゃんの場合は紙おむつ・粉ミルク・タオルケットを基本グッズに追加しておきましょう。

小学生ぐらいになれば防災グッズは基本的に大人と一緒の物でOKです。

 

まとめ

防災グッズは用意する人に必要な物や住んでいる土地の周辺環境によっても変わってきます。

まずはこのリストで紹介した防災グッズを揃えてみて、その後あなたに必要な防災グッズを準備するようにしてくださいね。

塾長
防災グッズで悩んだ時は命に近い物を優先して揃えるようにしましょう!

※簡単に防災グッズを揃えたい方におすすめ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です